かけはた動物病院
かけはた動物病院のブログ「動物病院日記」
病院紹介 眼科診療室 動物病院日記 よくあるご質問 リンク

2007年08月03日

シニアライフ「健康管理をしっかり」

2006-02-06 09;11;43 (2).JPG近年、ペットの生活が豊かになるとともに、犬や猫にも高齢化が進んでいます。老化にともなう種々の疾患が問題となりますが、とくに「認知症」と診断されるワンちゃんたちが増えています。
夜中に意味もなく単調な大きな声で鳴き出し、静止させても鳴きやまない。歩行はトボトボと前進のみで、円を描くように歩く。狭いところに入りたがり、自分で後退できないで鳴く。飼い主、自分の名前、習慣行動がわからなくなり、何事にも無反応になる。よく寝て、よく食べて、下痢もせず、やせてくる。高齢のワンちゃんに、これらの症状が見られたら「認知症」の疑いがあります。
認知症になると飼い主とのコミュニケーションがとれなくなり、異常な鳴き声に悩まされ、愛犬をコントロールできなくなるため苦労が多いようです。現時点では確立された治療法はなく、やむを得ず薬剤を使用して鳴き声を抑えたり、サプリメントによるコントロールが試みられています。
ペットは人の何倍もの早さで年を取りますので、いつかあなたの年齢を追い越す日がやってきます。規則的な散歩と運動。他の犬と遊ぶなどの刺激。年齢にあわせた食事管理。ホームドクターによる予防的・定期的な健康診断はシニアドックの健康管理に欠かせません。
愛犬の老化は家族の歴史でもあるので、シニアライフをしっかり考えてあげて下さい。



posted by かけはた at 12:23| Comment(0) | コラム「ペットと暮らせば」回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トップページ 病院紹介 眼科診療室 動物病院日記 よくあるご質問 お問い合わせ リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。