かけはた動物病院
かけはた動物病院のブログ「動物病院日記」
病院紹介 眼科診療室 動物病院日記 よくあるご質問 リンク

2017年03月16日

猫カフェさん

癒されます(^ ^) 患者様のお宅の猫カフェ
IMG_9607.JPG
posted by かけはた at 02:37| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

ロデムくんです!

先日、ももちゃんと一緒に保健所から引き取られた兄弟のロデムくんがやって来ました!可愛い子です!

Posted by かけはた動物病院 on 2015年5月9日
posted by かけはた at 08:12| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ももちゃんです!

当院スタッフが保健所から引き取ったももちゃん、雑種、4カ月齢。かわいい(^_^)

Posted by かけはた動物病院 on 2015年5月4日
posted by かけはた at 08:11| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

内視鏡セミナー

posted by かけはた at 10:49| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

院内セミナーの様子

posted by かけはた at 10:48| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

これはいい!怒りんぼうさんの噛み噛みも…許しちゃいます(^_^)

posted by かけはた at 07:42| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

わくわく動物訪問団



posted by かけはた at 11:51| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脊椎疾患に注意

image.jpg
寒くなると脊椎疾患が増えます。特にダックスさんたちは要注意です!
posted by かけはた at 09:53| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

はこだてクリスマスファンタジー♪

素敵でしたよ〜!
IMG_4406.JPGIMG_4412.JPGIMG_4413.JPG
posted by かけはた at 00:47| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。
IMG_4594.JPGIMG_4596.JPGIMG_4597.JPG
posted by かけはた at 23:44| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

わくわく動物訪問団

IMG_0275.JPGIMG_0276.JPGIMG_0293.JPGIMG_0297.JPGIMG_0300.JPG
IMG_3374.JPGIMG_3375.JPGIMG_3400.JPGIMG_3402.JPGIMG_3403.JPG
わんちゃん同伴でグループホームの慰問です!
皆さんで歌もうたいます。
3カ月に1回のペースで行っています。
これは平成25年7月と10月の訪問の様子です。
posted by かけはた at 01:05| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

トンガン実習

IMG_2823.JPGIMG_2824.JPGIMG_2826.JPGIMG_2827.JPGIMG_2828.JPGIMG_2829.JPG
平成25年9月
日本大学生物資源科学部で日本獣医師会主催の卒後教育・臨床実習セミナーが開催されました。
当院の院長も眼科実習セミナーの講師として参加いたしました。
参加された皆さんは眼科手術の技術取得のため、熱心に豚眼実習に励んでいました。
posted by かけはた at 23:48| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

猫のストレスサイン・・・見逃していませんか?

IMG_1149.JPG
動物薬メーカーのビルバック様に猫の行動学について、院内セミナーをしていただきました。
猫は本来「自分の縄張りを意識」し、「生活に必要な環境への自由な行き来」をし、ストレスになる場所を避け」、「プライバシーを保ち(単独で行動)」、「習慣的行動をとる」というライフスタイルを持っています。
しかし、人間とともに暮らす猫は「活動範囲を制限」され、「強制的に生活環境を共有」され、「ストレス環境を避けられない」状況にあります。さらに「多頭飼育」や、引っ越し、家族の変動、来客など「予期しない環境の変化」を受け入れなければなりません。現代の猫はライフスタイルを変化させる必要があると同時にストレスを感じやすい環境に置かれていると思います。
食欲がない、過度な爪とぎ、隠れる、なつかない、過度な鳴き(咆哮)、自傷、過度な毛づくろい(グルーミング)、脱毛、排泄回数や量の低下などは、猫のストレスサインです。おかしいなと思ったらご相談ください。
posted by かけはた at 16:19| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

クリスマスなので

007.JPG008.JPG009.JPG
posted by かけはた at 09:50| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

釧路に遠征してきました。

釧路湿原の絶景に感動しました。121007_0959~03.jpg121007_1233~01.jpg121007_1629~01.jpg121007_1638~01.jpg121007_1644~01.jpg121007_1649~01.jpg121007_1653~02.jpg
posted by かけはた at 08:31| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

元町方面へいってみました

IMG_1723.JPGIMG_1730.JPGIMG_1729.JPGIMG_1736.JPGIMG_1743.JPG
posted by かけはた at 23:37| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

猫舌

DSC01559.JPG熱いものが苦手な人のことを猫舌といいますが、これは猫が熱いものを食べないのを見て例えた言葉なのはみなさん、ご存じだと思います。
猫は本来、生きた動物を捕らえて食べる肉食動物です。自然界では獲物の体温以上の食べ物はなく、生き延びるために食事にはとても慎重で敏感にならざるをえません。ですから猫は味覚だけではなく、においや温度などで食べ物の安全性を確かめるのです。猫の食事は温かいくらいがベストなのです。
ところで熱いものを食べられないのは猫だけでしょうか。じつは犬も鳥もハムスターも熱いものを食べません。熱いものを平気で食べることができる動物は人間ぐらいしかいないのです。動物の中で唯一、火を使うことのできる人間は、食べ物を煮たり焼いたりして食べる習慣を持ち、長い年月をかけて熱いものでも食べられるように進化したのです。
近年のグルメブームで熱いものを食べるペットもいるようですが、胃腸をはじめとする消化管が熱い食べ物に耐えられるかどうかはわかりません。動物にはもともと、加熱したものを食べる習慣がないので、与えないのが無難でしょう。
基本的に人間以外の動物はみんな猫舌なのです。動物たちからみると、熱いものでも平気で食べてしまう人間が特別なのかもしれませんね。
posted by かけはた at 01:23| Comment(0) | 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

飼い主へ過度の依存「子犬の時に社会性を」

DSC02264.JPG小型犬ブームの勢いがやみません。各種の純粋犬種を登録している「ジャパンケネルクラブ」の登録件数では、一位がダックスで、以下チワワ、プードルの順でした。上位十種のうち、九種が小型犬です。日々の診療でもダックスやチワワに会わない日はありません。
一方、こんな問題が出てきました。飼い主に依存しすぎて他の人や犬を受け入れずほえたり、怖がって萎縮してしまう、診察で体に触れられるのを極端に嫌がるのです。ひどい場合は少しでも嫌なことことをされると、飼い主にも本気でかみついてしまうこともあります。
性格もあるのでしょうが、過保護や幼少期に社会性を見につけられない「社会化不足」も背景にあるのだと思います。本来、犬は一緒に生活する自分の仲間、いわゆる群れの仲間をよっぽどのことがない限り、傷つけません。生まれつきそのような本能を持ち合わせているのです。
社会化させるには、子犬のころからいろいろなことを経験させ、たくさんの犬や人に触れさせることが大切です。ペット先進国では、新しい飼い主と子犬を集めてトレーニングを行う「パピークラス」の開催が常識となっています。
性格にひどく問題のある犬は、これを遺伝させないために、繁殖を制限する必要もあるでしょう。

posted by かけはた at 16:40| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

愛犬のルーツ「本来持つ性格理解して」

 007.jpgあなたの愛犬のルーツを知っていますか。さまざまな種類の犬が飼育されていますが、それぞれのスタンダード(標準体型)は年々変化し、新しい犬種では、十年もたつと全く違う犬のように変化するともいわれています。
現在の犬種はもともと「オオカミ」から、人間の用途に合わせて改良されたようです。時代の流れとともに次々、登場してきました。
テリア種が古い時代に、獲物をとって殺すまでを目的とする犬としてつくられたということを知っている人は少ないでしょう。事実、かむ力が強く激しい性格を秘めているようです。
それ以降、狩人が鉄砲で撃った獲物を持ってくる「ガンドック」といわれるゴールデンやラブラドールなどのレトリーバーや、獲物を追い居場所を知らせるポインターやスパニエルが現れました。コーギーは、牛を追うために体高を低く、しっぽを短く。ダックスフントはアナグマを追いかけるために短い足に。コリーやシェルティはほえて羊の群れを追うように、足を早く。犬種によって異なった作業能力を求めて作られました。
犬種とは異なりますが、プードルにみられる、かわいらしい毛のカットも水に浮かんだ鳥を泳いでとるために改良されたそうです。
それらを愛玩用に小さく改良したミニチュアといわれる犬種も、近い先祖は、みんな人のためにほえて走って働いていたのです。ほえる、かむなどの問題行動も、歴史を考えると理解できるかもしれませんね。人がつくりだした容姿だけではなく、本来の性格も理解するのが、犬とつきあう第一歩だと思います。

写真説明
愛玩犬として人気が高いテリア種も過去は猟犬として働いていた

posted by かけはた at 00:45| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

このブログについて

こんにちは!
かけはた動物病院は北海道北斗市にある動物病院です。

このブログでは、HPだけではお伝えできない、日常のできごとやスタッフの思い、動物に関する話などをお伝えしていきたいと思っています。

HPももうすぐリニューアルします。このブログと併せてお楽しみください!

posted by かけはた at 11:28| 動物病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップページ 病院紹介 眼科診療室 動物病院日記 よくあるご質問 お問い合わせ リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。